デリヘルという業種を選ぶのならば出稼ぎ

日本どこでも男性が楽しめる風俗がデリヘルです。

風俗店をオープンさせることが出来ない地域に住んでいても、電話をすれば自宅やホテルに風俗嬢を呼んで遊ぶことが出来ます。

ということは、働く側も日本の何処に住んでいても働くことが出来るメリットもあります。

しかし、デリヘルの仕事はお客さんの自宅やホテルなどをあちこち回ってお仕事をする形になります。

ずっと風俗街にいるわけではないので、あちこち移動している姿を知り合いに目撃される可能性もあります。

地元で働いて目撃された場合は、「あのマンションに知り合いいるの?」とか、「あの車運転してたの誰?」とか、そのような話を色々聞かれるかも知れません。

デリヘルという業種を選ぶのならば、出稼ぎに行ってしまった方が身バレに気を遣わずお仕事が出来るのでお勧めです。

求人を見ても出稼ぎ大歓迎というデリヘルが沢山あります。

身バレが心配だから出稼ぎするという子もいますが、出稼ぎの場合は保証が出ることも多いのです。

だから更に稼げる見込み有りということです。

しかもマンションを準備してくれているお店もあるので、住む家のことは心配しなくても大丈夫です。

家具や家電も最初から付いていることが多いです。

出稼ぎならば移動している所を知り合いに見られてしまうという可能性はほぼ0%です。

 

デリヘルでアルバイトを考えるとき何を基準にお店を選ぶといいと思いますか。

まずは立地。

デリヘルは肉体労働なのでかなり疲れます。

沢山指名があった日はくたくたになるでしょうから、なるべく通勤時間がかからない場所がオススメ。

ヘルスやソープなどの店舗型風俗の場合は、あまり家から近所だと知り合いが店にやってきたり出入りするところを見られる恐れがあるので、家から離れた店を選ぶ人が多いかもしれませんがデリヘルの場合は店がないので、そういった心配は無用です。

待機所と呼ばれる場所に出勤するので、待機所が自分の家から近ければ毎日の通勤が楽になりますね。

あとは、給料については歩合制なので広告などはあまりあてになりません。

モデルケースとして一日5万円の収入と書かれていても、そんなに稼げない事もあるし、もっと稼げる事もあります。

要するに指名次第なので広告の情報を鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

あとは、入店祝い金。

これは結構おいしいので、応募するなら入店祝い金を支給してくれるお店から探すのもありです。

一般的には一ヶ月在籍した場合にその後の給料に加算してくれるケースなど、お店によって支給条件は違うので、入店祝い金ありのお店に面接に行ったときは、その辺りの条件も詳しく確認するといいでしょう。